« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/24

クリスマス生け花

クリスマス・イブ
教会の会堂を飾るクリスマス花です。
プロテスタントの教会はカトリック教会と違って、きらびやかな飾りがないことが多く、白い壁をバックに 一点のこの生け花が心を和ませてくれます。

Ikebana
by網干豊珠:小原流

日本の伝統である生け花には、花が美しく見える基本の構成というものがあって、絵で言う黄金分割みたいなものかもしれない、などと思ったりします。
私自身は花は自然に咲いているのを見るほうが好き、という理由で生け花を習ったことはないのですが、庭の花を花瓶にいけたりする時にみっともなくなったりするので、せめて基本くらいは知っておいたほうがいいよね・・と思うことがあります。
最近はプリザーブドフラワーとかフラワーアレンジメントが流行っているようで、話題になったりモチーフにいただいたりします。
ドライフラワーもプリザーブドフラワーも静物になってしまっていますが、生け花はその名の通り生きている花を美しく構成した一瞬の美です。生きているのでつぼみは開いてくるし、咲いているものは枯れてきてどんどん変化していきます。儚い美を追求していく所が日本的だな、とクリスマス生け花を見ながらなんとなく考えた日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/22

光のページェント2006

久しぶりに夜に仙台の街中に出かけたところ、青葉通りと定禅寺通りのケヤキの木がイルミネーションで飾り付けられて「光のページェント」の真最中でした。
Hikarii


Hikari
おお~ !? 勾当台公園のあの巨大な木にまでイルミネーションが !
これは私、はじめて見ました。
どうやって飾り付けたんだろう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/02

クリスマスオラトリオ J.S.バッハ

12月3日(日)は仙台宗教音楽合唱団第30回演奏会があります。

Ensokai
バッハ 「クリスマスオラトリオ」
仙台市青年文化センターコンサートホール
14:30開場 15:00開演 全席自由
入場料 前売¥4,000 当日¥4,500
学生¥2,500



私は自分の都合で途中で戦線離脱してしまいましたが、いよいよと思うとなんだかわくわくして心がはやってきます。聴きに行くのが楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »